写真
ブログ

ブロシャーPDFの入手は以下アイコンをクリックしてください。

PACKZ
URW

URW 欧文フォントの購入は、以下アイコンをクリックしてください。

URW 広告

グローバルグラフィックス株式会社への案内

Map Link

Cambridge_banner

当サイトは、RIP関連製品とMako電子ドキュメント技術以外のグローバルグラフィックス株式会社が取り扱っている技術をご紹介させていただくためのサイトです。 RIP関連製品とMako SDKに関しましては、 Global Graphics 日本語Webサイト をご参照ください。

 

↑pagetop

1. PACKZ - ハイエンドのネイティブPDFエディタ

PACKZ(パックス)は、ベルギーHybrid Software GmbH社のハイエンドのネイティブPDFエディタで、パッケージやラベルの印刷業務用に開発されました。 PACKZは64-bitのOS-XもしくはWindows上で動作し、最新のマルチプロセシングとマルチスレッディングに対応しております。 Hybrid社は業界で最も成長している企業の一社として認知されております。

PACKZ block chart
PACKZブロック図

PACKZは、PDFファイル(オプションでIllstrator形式の読み込みに対応)を読み込み、プリフライト機能により印刷で問題が無いかどうかを検証できます。 検証結果をインタラクティブに一つづつ確認しながら修正することも、プリセットにより規定の修正を自動的に行なわせることも可能です。 たとえば、印刷に適さない低解像度画像、フォントが埋め込まれていない、RGBのイメージがある等を検出できます。 検出された問題点は多くの場合PACKZ上で修正できます。 テキスト編集機能があり、テキストストリングスの修正が可能です。 また文字認識機能により、アウトライン生成された欧文テキスト(ベクターデーター)をPC内部の一番近いフォントで置き換え、通常のテキストと同様に編集を行う事も可能です。 また画像を外部イメージ編集ソフトにエクスポートし、編集後にインポートする機能があります。 またバーコードや2次元コードの認識機能ががあり、バーコードのコードや形式が正しいかどうかを検証でき、もし問題があれば修正することも可能です。 またバーコードのバー幅を細くする機能があり、ドットゲインの大きな印刷機で有用です。 またトラッピング機能を持っており、自動的にすべてを、もしくは一つづつインタラクティブにトラッピングをかけることが可能です。 またミスレジストレーションが発生した場合のトラッピング効果をシミュレートする機能があります。 また白版やニス版の作成も行えます。 またテクニカルなラインを追加することも可能です。 インキカバレッジの表示機能があり、各インキの使用率を確認できます。 PACKZには、セッションロールバックと呼ばれる機能があり、過去の状態に戻したり、過去の状態や他のPDFとの違いをハイライト表示させる事も可能です。 これら機能はPACKZのごく一部の機能であり、印刷で必要となるほとんどの機能に対応してます。

またオプションでパッケージの3Dシミュレーションや殖版を行うことも可能で、Collada 形式でエクスポートし、印刷を行う前に製品のイメージを顧客のMac標準ビューワ上で見せることが可能となります。 さらにシュリンクパックの収縮時の画像歪を補正するワーピングという機能に対応しております。 またオプションで、殖版機能やグラビア出力に対応します。 最新のPACKZ v5.0ではバリアブルデータ処理が強化され、外部CSVファイルでバリアブルオブジェクトを定義し、殖版に流し込み、殖版されたPDFを生成できます。

【主な機能】
● 業界最速のPDFビューワ/エディタ
● 64-bitのMacとWindowsに対応
● マルチページPDFにも対応
● AIファイルの読み込み/書き出しに対応(オプション)
● 実質的に無制限のズーム
● アセットパネル(セパレーション、画像、フォント、レイヤー、バーコード、ICCプロファイル等)
● セパレーションの編集(パントン)
● 画像をPhotoshopr(R)にエクスポートし編集
● バーコードと2次元コードの検証・修正・生成
● インクカバレッジ(各種インクの使用量)
● 分析(プリフライト)と修正(自動、インタラクティブ)
● ビットマップのベクタライズ
● AIのブレンドを画像に変換
● RGBオブジェクトをCMYKオブジェクトに変換
● テキストの編集
● アウトライン文字をデザインの似ているシステムフォントに置き換えて編集
● テキストをアウトライン化
● オブジェクトの検索と選択
● オブジェクトツリーの表示
● リッチブラックの生成
● ホワイトアンダープリント(白版)の生成
● バニッシュ(ニス)の生成
● フラット化
● トラッピング(自動、マニュアル)
● トラップ効果の検証
● マークの配置
● バリアブルデーター対応
● 殖版(Step & Repeat)
● 3Dシュミュレーション(オプション)
● ワーピング(歪補正)(オプション)
● コラーダ、iC3D形式で出力(オプション)
● iC3Dとの連携(オプション)
● セッションロールバック、違いをハイライト

PACKZ shrink sleeves
シュリンクスリーブの3Dシミュレーションの例、ワーピング後
PACKZ box
梱包箱デザインの3Dシミュレーションの例


● 殖版機能(オプション)
 殖版 タブラー
 殖版 ネスト
 殖版 インタラクティブ
 面付け グリッド

PACKZ box
殖版の例

 

↑pagetop

2. CLOUDFLOW - Web to Print と自動化

 印刷物の多くはWeb to Print で迅速かつ低価格で得られるようになりました。 しかしながら、熟練したDTP オペレータでなければ、印刷で問題を起こさない入稿データを作るのは難しく、印刷物が納品された時に問題が露見することもありました。 一方、近年の少子化により経験豊富なDTP オペレータを雇うことは難しくなり、Web to Print の自動化に対応できる次世代ワークフロー製品が求められております。 当社では特にラベルとパッケージ市場にフォーカスしたWeb to PrintソリューションであるCLOUDFLOWを提供しております。 このCLOUDFLOWを導入すれば、インターネットを経由して接続される複数のクライアントは、入稿、履歴管理、プリフライト検証・修正、トラッピング、殖版・面付け、バリアブルデータ、3D表示、さらにはRIP 機能に、自身のWeb ブラウザから同時にアクセスできます。 また独自のワークフローも簡単に作成できるのでさまざまな承認プロセスを自動化できます。

CLOUDFLOW block chart
CLOUDFLOWブロック図

 市場に存在するワークフローソリューションの多くは、異なる機能モジュール製品のスイートであったり、幾つかの異なる製品を接続して構築されており、真の統合されたワークフローソリューションではありません。 当社が提案するCLOUDFLOWは、特にラベルとパッケージング ワークフローにフォーカスした製品で、CLOUDFLOW 一製品で以下機能のすべてに自身のWebブラウザからアクセスでき、インターネットにアクセスできるデザイナーは、承認やRIP処理を含め一気通貫で業務を自身のデスクから遂行でき、印刷業務を完了するために必要となる時間の大幅な短縮と、ミスによる無駄を削減できるという大きな利益を得ることができます。

CLOUDFLOWでは、以下のすべての機能に複数のユーザーが同時に自身のWebブラウザからリモートでアクセスすることが可能です。

【主な機能】
● ファイルの入稿・管理
● プレビュー
● プリフライトによる検証と修正
● トラッピング
● 承認
● 殖版(Step & Repeat)
● バリアブルデーター
● カスタムワークフローの作成
● パッケージの3D表示
● RIP
● RIP後の画像プレビュー

 事実、RIPを含め一つの製品でこれらすべての機能に対応できている製品は他にはありません。 現時点ではワークフローに対応している企業とまだ提案できていない企業が存在しますが、いずれの場合もCLOUDFLOWを一度検討されることを強く推奨します。 特に、ワークフローに対応できていない企業では、CLOUDFLOWを導入することにより、一気に業界最先端に躍り出ることを可能にします。 CLOUDFLOWは、それだけのポテンシャルを持つ製品です。

 下図(左上)は、CLOUDFLOWを使用し承認ワークフローを自動化する例です。 自身のWebブラウザを使用し、インターネットを経由しCLOUDFLOWにPDFジョブを入稿すると、予め設定されたプリフライト条件でプリフライトが行われます。 その後、承認の準備が出来たことを知らせるメール(右上)が自動的に送られてきます。 そのメール内の「ここをクリック」という箇所をクリックすると、プリフライト結果のリストと入稿した自身のアートワーク上に問題箇所がハイライトや赤枠で図示されます。 それらのポイントで実質的な問題がなければ、右上の「承認」をクリックし、印刷プロセスに進むことができます。 さらに、承認画面を右下の様に切り替えて、インク色を選択して表示したり、表示するページボックスを指定したりすることができます。 さらに、実質的に無制限の拡大、指定位置の色確認、バーコード/QRコードの検証、サイズの測定、注釈の付与等が可能です。


Binder sample
承認ワークフローの作成例
 

↑pagetop

3. URW - フォント

URW Type Foundry社は、フォントのデザイン会社であり非常に多くのポートフォリオを保有し、さらに36年前にフォントのデザインツールを開発したドイツのフォント老舗企業の一社です。 1978年に開発したフォントデザイン用IKARUSシステムは、世界中のフォント開発会社でデファクトスタンダードとして使用されており、日本でも多くのフォント開発会社がこのシステムを使用して日本語フォントをデザインしております。

グローバルグラフィックス株式会社では、日本の印刷機メーカーにURWのPostScriptとPCL用の組込欧文フォントをライセンスしております。 URWのプリンタフォントを採用することによりデスクトッププリンタや複写機のコストを大幅に削減できる可能性があります。 是非一度ご検討ください。

【プリンタ組込用欧文フォントセットの選択肢】
● PS1 fonts (35 font set)
● 136 PS3 fonts
● HP Compatible PCL 45 fonts
● 35PS1 + 45PCL fonts (= 80 fonts)
● 35PS1 + 45PCL fonts + 13PCL (Hebrew and Arabic) (= 93 fonts)
● 136 PS3 fonts + 45 PCL fonts (= 181 fonts)


URWの欧文フォント1963書体が、ディー・エル・マーケット株式会社の運営するFont Factoryフォントダウンロード販売サイト(http://www.fontfactory.jp/)から販売されております。 すべての欧文フォントにOTF版とTTF版の両方が含まれており、WindowsとMacの両プラットフォームに対応しております。 価格は3,969円(消費税込み)です。

URW Type Foundry の Global Fontsファミリは、65,000グリフ、12の異なるスクリプトで193言語に対応しています。 携帯電話/ タブレット、家電、カーナビ、医療機器等グローバルに展開する製品は、各市場の言語をサポートする必要があります。 Global Fontsを使用すれば一つのフォントで世界中のほとんどの言語に対応できます。 Global Fontsは、日本語、中国語(繁体字と簡体字)、韓国語、ラテン語、ギリシャ語、キリル文字、アルメニア語、グルジア語、タイ語、アラビア語、 ヘブライ語等に対応し、ボールド、メディアム、レギュラー、ライト、シンの5ウエイトを用意しています。

URW Global Fonts
URW Global Fonts
 

↑pagetop

Global Graphicsについて

Global Graphics Software Ltd. は、ソフトウエアの革新者です。 印刷と電子ドキュメントに係わるコア・ソフトウエアを開発し、印刷機器メーカーやシステムインテグレーターにライセンスしております。英国ケンブリッジに研究・開発拠点を持ち、顧客には世界をリードする大企業が名を連ねます。 当社は最先端技術を持つ企業として認知されており、Microsoft社にXPSのコンサルテーションを提供したり、ISOではPDF/XやPDF 2.0等の多くの標準化で重要な役割を演じております。 弊社製品ブランドは高い技術・信頼・実績のブランド として認知されております。


GGSL
Global Graphics Software Ltd. UKオフィス

グローバルグラフィックス株式会社は、Global Graphics Software Ltd.の子会社で、日本国内パートナーとの緊密なるコラボレーションを図り、ユニークで高い付加価値商品の開発を強力に支援しております。 日本市場の特異性を熟知したプロフェッショナルな日本人エンジニアが、高い技術コンサルタント能力により、パートナーにおけるインテグレーションを強力に支援します。 さらに世界の最先端のGlobal Graphics Softwareと関連会社の印刷と電子ドキュメント技術を日本の企業に紹介して参ります。 是非お気軽にご連絡ください。

inserted by FC2 system